iPhone13シリーズのスペックは?前シリーズとの違いは?

iPhone13

2021年9月にiPhone13シリーズが発表され、9月24日に発売されましたね。

iPhone13シリーズは4種類の機種で構成されています。

・iPhone13 mini

・iPhone13

・iPhone13 Pro

・iPhone13 Pro Max

iPhone12シリーズと同じシリーズ構成ですが、最新の13シリーズではどのような変更が行われたのでしょうか?

ここでは主要なポイントを紹介しつつ、最新機種を選ぶメリットについても言及していきます。

iPhone13シリーズと12シリーズの違い

まずは、シリーズ間の変更点を見ていきましょう。

サイズ

端末サイズは共通化されています。

・12 miniと13 mini:131.5mm×64.2mm

・12と12 Pro、13と13 Pro:146.7mm×71.5 mm

・12 Pro Maxと13 Pro Max:160.8mm×78.1mm

厚みは12シリーズが共通で7.4mmですが、13シリーズは共通で7.65mmです。

これに伴って重さが各機種10数グラム程度重くなりました。

チップ

12シリーズにはA14チップが搭載されていましたが、13シリーズには共通してA15チップが使われています。処理速度の向上や電力消費の効率化が図られました。

13のProとPro Maxには5コアGPUが搭載されており、画像処理に関するパフォーマンスがさらに向上しています。

ストレージ

12シリーズに存在した64GBがなくなりました。

13シリーズは128GB、256GB、512GBが選択可能で、ProとPro Maxのみ1TBモデルも存在します。

ディスプレイ

12と13はシリーズ通して同じ仕様のディスプレイであり、変更はありません。

サイズも共通化されています。

・5.4インチ…12 mini、13 mini

・6.1インチ…12、13、12 Pro、13 Pro

・6.7インチ…12 Pro Max、13 Pro Max

大きな違いは輝度です。

12と12 miniは最大輝度625ニト(標準)ですが、13と13 miniは800ニト(標準)になりました。

同様に、12のProとPro Max は最大輝度800ニト(標準)でしたが、13のProとPro Maxでは1000ニト(標準)になりました。

また、13のProとPro MaxはProMotion搭載です。いわゆる「動画がヌルヌル動く」ようになっています。手書きメモ機能を使うと、12よりも滑らかに反応することが実感しやすいようです。

見た目の大きな変化は、画面上部のノッチ(切り欠き部分)の縮小化です。12シリーズの各機種よりも平均20%程度小さくなったため、画面がやや広く見えるようになっています。

カメラ

最も大きな変更点と言っていい部分です。

12シリーズではスマートHDR3対応でしたが、13シリーズではスマートHDR4と、順当な進化となっています。

13ではフォトグラフィックスタイル機能が追加され、撮影中でもフィルタやトーンなどの調整が可能になりました。

動画撮影については、浅い被写界深度でビデオ撮影可能な「シネマティックモード」が初実装されました。Appleの発表会では、この機能で撮影された映画のような動画が公開され、話題を呼びました。

ProとPro Maxシリーズには12と13の両方で超広角+広角+望遠レンズが採用されていますが、13シリーズでは絞り値が軒並み向上されたため、より明るくノイズの少ない撮影が可能です。ズーム機能も向上しています。

なお、LiDARスキャナは12、13シリーズともにProとPro Maxのみに採用されています。

ネットワーク関連

通信方式は12と13シリーズ共通です。

ちなみに、12シリーズはアメリカ販売モデルのみ5Gミリ波(28GHz~)対応でした。

残念ながら13シリーズもこの路線が踏襲され、日本モデルは5Gミリ波に非対応です。

SIMに関しては、既存のモデルでは不可能だったeSIMとeSIMの同時利用が可能な「デュアルeSIM」に13シリーズに実装されました。

iPhoneXS/XRで初実装された物理SIMとeSIMによるデュアルSIM以来の大きな変更点です。

最新機種を選ぶメリットは? iPhone13は買うべき?

2021年10月時点では、iPhoneの最新機種はiPhone13シリーズです。

機種変更などを考えている人のために、最新機種を選ぶメリットをご紹介します。

カメラにこだわるなら一考に値する

13シリーズのカメラ周りは、旧シリーズよりも改良されているため、写真や動画の撮影に力を入れたい人、中でもiPhoneシリーズ最新のカメラ機能を体験したい人などは、13シリーズの購入を検討してもいいかもしれません。

カメラ性能のみを考えているのであれば、ハイエンドモデルであるiPhone13 Pro Maxがいいでしょう。iPhone史上最高の写真や動画を撮影できるというメリットがあります。

SNS映えなどに強いこだわりを持っており、資金が豊富にある方であれば、13シリーズを検討する価値はあると言えます。

11や12シリーズで不満がないなら見送りも

厳しいことを言えば、13シリーズはカメラ周辺部分以外については、12シリーズを部分的に改良した程度のモデルに留まっています。

もちろん、システムチップが上位バージョンに変わるなどして、処理能力が向上しましたが、違いをどこまで実感できるのかは、使用するアプリや用途によって異なる可能性があります。

そのため、軽い処理しか発生しないような使い方をしているライトユーザーにとっては、違いがわかりづらいかもしれません。

現在12シリーズの機種を使っていて満足しているのであれば、敢えて13シリーズを購入せずに、次のシリーズを待ってもいいかもしれません。

11シリーズを使用中の方でも、今すぐ5G対応機種にしたい方や、端末容量がいっぱいかつ上位モデルが欲しい方などでない限り、急いで買い替える必要はないでしょう。

11より昔のシリーズを使っている人は13の検討もアリ

3世代以上昔の機種を使っており、流石にスペック不足などが気になる方は、13シリーズも視野に入れて買い替えを検討してください。

あまりスペックを気にしないのであれば、予算に応じて12シリーズでも問題ありません。スペックの違いをかなり実感できるはずです。

タイトルとURLをコピーしました