iPhoneとアンドロイド端末…機種変更ならどっちを選ぶ?

比較

スマートフォンはiPhone端末とアンドロイド端末に大別されます。

どちらの端末にも長所と短所があるため、機種変更の度に悩む人も多いかもしれません。

この記事ではそれぞれの違いや特徴、機種変更時の注意点などをレクチャーしていきます。

iPhoneとアンドロイドの違いは?

まずはお互いの違いを押さえておきましょう。

OSと端末の開発元が違う

iPhoneにはApple社が開発したiOSというOSが使われており、端末もAppleが独自に製作しています。

一方のアンドロイドには、Google社が開発したAndroidというOSが使われています。

アンドロイド端末を開発している会社は数多く存在し、それぞれの会社が作った端末にアンドロイドというOSが搭載されています。

利用するアカウントとアプリの入手方法が違う

iPhoneではApple IDというアカウントを作って、App Storeからアプリを入手します。

アンドロイドではGoogleのアカウントを使ってGoogle Playストアからアプリを入手します。

そのため既にGoogleアカウントを持っている人は、アンドロイド端末を用意すれば新しくアカウントを作る必要がありません。(Apple IDを持っている人にも同じことが言えます)

有名なアプリはどちらのストアでも対応していることが多いですが、そうでないアプリはどちらか片方のストアにしか用意されていないこともあるため、事前に調べておく必要があります。

端末の一部の仕様が違う

iPhoneシリーズは基本的に「Lightningケーブル」というコードを使って充電や他の端末(パソコンなど)との接続を行う仕様になっています。

一方のアンドロイドは、USBタイプのコードで充電や接続を行います。

USBタイプのコードの方が流通量が多いため、この点はアンドロイドに分があるかもしれません。

また、アンドロイドはSDカードを使ってストレージの拡張ができますが、iPhoneにSDカードを使うことはできません。

さらに、アンドロイドにはワンセグ機能付きの機種がありますが、iPhoneシリーズには一貫してワンセグ機能が存在しません。

性能差は?

アンドロイド端末には多くのバリエーションがあるため、iPhoneより性能が低い機種もあれば、iPhoneを上回るスペックを持つ機種もあります。

iPhoneは高性能なスマホですが、アンドロイドにも同等の性能を持つ機種が多いため、実質的な差はほぼないと言っていいかもしれません。

結局どっちを選ぶべき?

どちらを選ぶべきかを断言することはできませんが、判断材料になるように、iPhoneを選ぶ理由とアンドロイドを選ぶ理由を紹介します。

iPhoneを選ぶ理由

以下の3つがポイントです。

  • 操作が統一されていて使いやすい

iPhoneの機種はバリエーションが少ない反面、基本的にどの機種も同じような感覚で操作できます。

  • 情報量が多い

iPhoneに関する情報はネット上に多数存在するため、トラブルが起きたときの解決方法をネット検索して見つけやすいです。

アンドロイドは機種が多いため、自分の機種に合った情報を探すのが大変かもしれません。

  • 修理に対応してもらいやすい

iPhoneは機種が少ないため、お店側が交換用の部品を用意していることが多く、場合によってはすぐに対応してもらえることもあります。

アンドロイドには様々な機種があるため、全ての機種の部品を用意しているお店が少なく、修理などを断られてしまうかもしれません。

アンドロイドを選ぶ理由

以下の2つがメインの理由です。

  • 拡張性がありカスタマイズしやすい

iPhoneシリーズには一貫した仕様があるため、融通がきかない部分があります。

しかしアンドロイドには機種によってiPhoneにない拡張性を持つものも存在します。

自分好みにスマホを使いこなしたい人は、アンドロイドを選ぶのもいいかもしれません。

  • バリエーションが豊富

アンドロイド端末は多くの企業から独自性のある機種が数多くリリースされています。

手書きメモに対応したスマホや2つに折って収納できるスマホまであり、バリエーションの豊富さではiPhoneの追随を許しません。

高性能を求める人はスペックの高い機種を選べますし、安いスマホで問題ないという人はそういったスマホを選んでいいという自由度の高さがアンドロイドの利点の1つです。

機種変更時の注意点

ここからは機種変更における注意事項を説明します。

使えない機能がある

例えば楽天Edyなどはアンドロイド端末専用の機能であり、iPhoneでは使えません。

機種に依存している機能は機種変更によって使えなくなってしまうこともあるので、機種を変更する前に既存の機能を変更後の機種で使えるのか確認しておきましょう。

引き継ぎできないデータがある

SMSやキャリアメールのデータなどは、iPhoneからAndroidに変更したときに引き継ぎできません。

またiPhoneアプリ内のデータも引き継ぎできず、例えばiPhone専用アプリのボイスメモのデータはアンドロイド端末で使うことができなくなってしまいます。

ゲーム系のアプリを使っている場合、ゲーム内の機能で引き継ぎ設定をすればプレイしたデータを異なるOSを積んだ端末に移行することができますが、課金して購入したゲーム内マネーなど一部のデータは引き継ぎできないことが多いです。

アンドロイドからiPhoneへデータを移行する場合は、Appleが公式にリリースしている「Move to iOS」というアプリを利用すれば、比較的簡単にデータを移すことができます。

何を移行できて何を移行できないかはケースごとに異なる場合もあるため、事前に調査が必要です。

タイトルとURLをコピーしました